あきのおでかけ〜『はじめての美術 絵本原画の世界2013』/静岡市美術館

$イラストレーターかつまたひろこ の  **チョコトリラジオ**


絵本大好きな、幼稚園生&おば(あ)さま&美術系の学校に通ってると思われる女子学生さん&読み聴かせをしてる(してた)おかあさん、で9割5分を占めてたこれ↑を観てきました。

絵本そのままの緻密、繊細な絵、もあれば、あちこち切り貼り修正あとがあるのもあり。
だけどそのどっちがいいとかどっちが上とか、そういうことでなく。
(展示してある原画の傍らにその原画の絵本もあり、)結局、絵そのもの、1枚の絵、というよりも本、としての力、めくっていく絵、時間の流れの中の絵の力、を逆に感じたりして。

もちろん、この展示のテーマでもあるように、多くのこどもが最初に出会う美術(作品)が絵本の絵だし、
絵本における絵の大切さ、1枚の絵の持つ素晴らしさ、っていうのはもちろんわかってるんだけど....。


原画に魅せられる、
というよりも、
絵本というもののすばらしさ
を再認識できた今日、でした。

やっぱりわたしは
カタチある、手にとって自分の掌の上(もしくは目の前の机の上とか..)にある、
紙の束... 本、絵本、が好きなんですよー。
(このあと今日はとっても素敵な古本屋さんでいいものを見つけちゃったのでした。)

あ、今日は荒井さんの(NHK趣味Do楽)<絵本じゃあにい>の日だった!
忘れず見ますー。(夜9時半、Eテレね~。)


荒井良二の絵本じゃあにぃ (趣味Do楽)/NHK出版

¥1,050
Amazon.co.jp

関連記事